岩国子供の遊び場

【生き物いっぱい】通津美が浦公園で子供と磯あそび|アスレチックも楽しめる

磯だまりをご存知でしょうか。海の潮が引いたときにできる水たまりのことです。そこには海の生き物がいっぱい!

カニや小魚そしてヤドカリなど、直接手に取って触れられる自然の学びの場が磯だまりです。

本記事では、そんな貴重な体験ができる通津美が浦公園での子供との遊び方をご紹介します。

通津美が浦公園は磯あそびがおすすめ

通津美が浦公園についたら、まず最初にしたいのが磯あそびです。

駐車場から海岸へ降りて、遊歩道のトンネルを抜ければ磯あそびに最適な海岸があります。

海岸についたら早速、磯だまりを探しましょう。

いわくにさん

海岸の岩場は滑りやすいので走らないように!

磯だまりを見つけたら・・・
  1. ジッと水の中を観察してみよう
  2. バケツで砂ごとすくってみよう

磯だまりを見つけたら、まずはジッと水の中を観察してみてください。なにやらいろいろと動いている生き物が見えてきます。

そうなったら子供さんは居ても立っても居られないと思いますので、バケツを用意して底の砂ごとすくってあげてください。

バケツの中には必ず何か入っています。そうして少しずつ慣れてきたら、今度は子供さんにさせてあげてください。

夢中になって生き物を探すようになるでしょう!

いわくにさん

潮位アプリなどで潮が引く時間を事前に確認しておきましょう

通津美が浦公園はアスレチックも楽しめる

通津美が浦公園のもう一つの楽しみ方は、アスレチックです。

子供も大人も楽しめる初級者用のアスレチックですので、パパさんママさんも安心して楽しめます。

種類はあまりありませんが、人が少ない穴場の施設なので、家族で独占状態になることもしばしば。

とは言え、小さい子供さんにはそれなりに高さがある遊具もありますので、目を離さないようにしてあげてください。

まだアスレチックがあわない小さい子供さんには、ちびっこワンパクランドの遊具がありますので安心してください。

名前のとおり「ちびっこ専用遊具」ですので、幼稚園ぐらいのお子さんでも大丈夫です。

いわくにさん

1つの場所で遊び場が選べるのも長く滞在できるポイントです!

瀬戸内海を眺めながらランチタイム

遊んだあとはお腹が減りますよね。通津美が浦公園で瀬戸内海を眺めながら食べるランチは最高です。

海に向いて座れるベンチが並んでいるのと、海岸までの階段が扇型の観客席のようになっていますので、親子並んで座ってゆっくり食べることができます。

普段なかなかできないことなので、ぜひお弁当を持参してください。

海からくる贅沢な潮の香りを感じながら、至福のランチタイムを楽しんでください。

いわくにさん

おすすめはやっぱりおにぎりですね!

通津美が浦公園は航空ショーの穴場スポット!

年に一度、5月5日に行われる「岩国航空基地フレンドシップデー」をご存知でしょうか?

岩国米軍基地を一般に開放するお祭りです。

通津美が浦公園となんの関係があるの?と思われるかもしれませんが、実はあるんです!

そのお祭りの目玉はアクロバット飛行の航空ショーで、ものすごい人が見にきます。中には早朝や前日の夜から基地周辺に場所取りに来る人も。

そんな熱心なファンもいる航空ショーが見れる穴場スポットがこの通津美が浦公園!
知ってる人がほとんどいない超穴場です。

岩国基地が海をはさんで目と鼻の先にあるため、ちょうどこの通津美が浦公園あたりが飛行機のターン場所になります。

大迫力の音と臨場感もバッチリです!

いわくにさん

双眼鏡か単眼鏡があれば持っていきましょう!

通津美が浦公園の施設とアクセス

通津美が浦公園へは岩国インターから県道1号経由で約20分ほど。電車だとJR岩国駅からバスで30分(長野尻行きバス)浪の浦バス停から徒歩で1分。

  • 無料駐車場:15~20台あり
  • トイレあり(トイレットペーパーなし)
  • 自動販売機あり
  • 所在地: 〒740-0044 山口県岩国市通津2252

まとめ:通津美が浦公園での体験談

子供を連れてよく磯あそびに行きました。一番びっくりしたのが磯だまりで大きなタコを見つけたときでした。

バケツで捕まえようとしますが意外に逃げ足が早く、炭も吐いて悪戦苦闘しましたが子供は大喜び!

しかも完全にずぶぬれ状態に(笑)教訓として磯あそびのときは、タオルと着替えは必須です。

また、できればバケツとあわせて金魚を取るアミを100均で購入することをおすすめします。

小さいお子さんには金魚のアミが扱うのにちょうどいいんです。

ぜひ大自然の海で、子供さんの五感を育んであげてください!