珈琲いかがでしょう

「珈琲いかがでしょう」メグ&DVけんちゃんの登場は何話?

「珈琲いかがでしょう」に出てくるメグとDVけんちゃんがひそかな話題になっているのをご存知でしょうか。

原作の漫画で何巻の何話に出てくるキャラクターでどんなストーリーなのか気になった方も多いはず。

そこで本記事では、メグとDVけんちゃんについての情報と筆者の感想を交えながらお伝えしたいと思います。

ドラマ【珈琲いかがでしょう】はParaviで配信中。2週間無料で視聴できます。

漫画「珈琲いかがでしょう」メグ&DVけんちゃんの登場

すでに原作本の漫画を読んだ方は、どこに出てきたキャラクターなのかを覚えているでしょうか。

このキャラクターは実はストーリーの中心人物ではありません。なので覚えている方が少ないかもしれませんね。

では早速お答えします。メグ&DVけんちゃん登場は第1巻五杯目神経衰弱珈琲」です。

ちなみに五杯目というのは5話目ということです。

「珈琲いかがでしょう」は1話2話ではなく、珈琲にちなんで1杯目2杯目という表現を使っています。

こんな何気ないところにも雰囲気があって作者のこだわりを感じますね。

五杯目「神経衰弱珈琲」のあらすじ

原作でのストーリーの設定は夏です。ある暑い夏の日。

汗だくになりながら公園で漫画のネームを描く漫画家。イライラしながらネームを描くもうまく仕上がらない様子。

漫画家:あーーー駄目だこれ

そこにもう一人歩いてくる人物が登場します。見た目は高そうなスーツに身を包んだキャリアウーマン。

スマホ片手に営業電話をしています。その姿を流し見る漫画家。

漫画家:仕事バリバリできますって感じ。わたしとは大違いだなぁ

一方でキャリアウーマンはドタキャンの電話にイライラしている様子。

キャリアウーマン:畜生あのハゲアンコウ。人が下手に出てりゃよ

キャリアウーマンはドタキャンで時間が空いてしまいます。気になるのは営業ノルマ。

そんなことを考えているうちにしゃがみこんでしまうキャリアウーマン。その様子を手を止めて見ている漫画家。

すると漫画家の視界にいちゃつくカップルがあらわれます。そのカップルこそがメグとけんちゃん

2人は公園で座って暑い中寄り添っています。メグは寄り添いながらけんちゃんを思います。

メグ:よかったけんちゃん今日機嫌がいい。メグのことぶたない♡

そうです。このけんちゃんはDV野郎なんです。機嫌の悪いときにはごむまりみたいにメグを蹴る最低男。

今日も公園で寄り添いながらメグのバイト代をせしめようとします。

けんちゃん:お前今日バイトの給料日だよな。オレ今月苦しくてさー

そんなけんちゃんに答えるメグ。

メグ:いいのよけんちゃん。メグはあなたのATMだから♡

そう返事するメグ。しかしそんな気持ちもだんだんつらいことに気づいてきている様子。

複雑な心境のメグ。へたり込むキャリアウーマン。イライラの漫画家。

そんな3人のところへ現れるのがたこ珈琲の青山。

青山:みなさーん。うだるように暑いこんな日は珈琲いかがでしょー。冷たーいアイス珈琲始めましたー。

このあと、青山の登場で3人の気持ちが満たされていく様子が描かれています。

そしてメグがけんちゃんにとった行動が衝撃的でスッキリ!

このメグとけんちゃんのシーンはぜひ原作の漫画でご覧になってください!

「珈琲いかがでしょう」DVけんちゃん五杯目の感想

原作本ではストーリーの中でのわずかな描写でメグとけんちゃんの間柄が見事に表現されています。

それとキャラクターの設定もリアリティがあってけんちゃん像がはっきりイメージできました。

他にもたくさんキャラクターが出ている中で、このメグとけんちゃんの掛け合いは少ないコマにもかかわらず非常にインパクトのあるものでした。

それだけにメグとけんちゃんは話題性があり原作のシーンがとても印象に残ってます。

残念なのは設定が夏ということもありドラマ化されないことです・・・。

「珈琲いかがでしょう」の中村倫也が似てると話題! ドラマ「珈琲いかがでしょう」主演の中村倫也さんですが、原作の主人公青山に似てると話題になっています。 原作の漫画を先に読んでいる...