消えた初恋

ドラマ「消えた初恋」8話のあらすじとネタバレ・感想|手つなぎカイロ

手つなぎシーンもあるドラマ「消えた初恋」8話のあらすじとネタバレを紹介。

井田から何でも相談してこいよと言われた青木。早速ピンチが訪れる。

大学進学を希望する青木は特に数学がヤバかった。

そんな青木を特別に指導することになった教育実習生の岡野先生。

その岡野先生と青木にトラブルが発生する。

青木を心配する井田が取った行動とは?

ドラマ「消えた初恋」8話のあらすじ

ライバル出現のピンチを乗り越え、また少し絆が深まった青木(道枝駿佑)と井田(目黒蓮)。ようやく平穏な日常が戻ってきた…と思いきや、担任の谷口先生(田辺誠一)との面談で、青木が進学を希望するなら、急ピッチで数学をレベルアップしなければ相当ヤバイという衝撃の事実が発覚する。

数学が苦手すぎる青木を見かねたあっくん(鈴木仁)から、文系への転向という方法もあるとアドバイスされるが、知り合いのいない文系に移ることに気が進まずウジウジ…。しかし、そのやり取りを聞いていた井田の「青木、いなくなるのか? 寂しくなるな…」というひと言で覚醒! ガゼンやる気になった青木は、谷口先生の紹介で、教育実習に来ることになった岡野先生(白洲迅)から、集中的に個人指導してもらうことになる。

学生時代、岡野先生も数学の成績が最悪だったにも関わらず、途中から猛勉強して無事に進学できたと聞いた青木は、勉強も頑張るが…?

さらに、恋を一歩進展させる勇気を出した青木は、いざ行動に移そうとするのだが…?

引用:©テレビ朝日/ジェイ・ストーム

ドラマ「消えた初恋」8話のネタバレ

進学に赤信号・青木の補習

屋上のベンチで昼飯を食べる青木と井田。

青木が数学の補習を受けることを井田に話す。

大学進学の進路を選択した青木に担任の谷口先生から指導があったからだ。

今の青木の成績ではかなりヤバいらしい。

そう判断した谷口先生は今度実習生で来校する岡野先生に青木の個別指導をお願いした。

なんでも岡野先生は学生時代に青木と同じヤバいところから猛勉強して大学へ進学したらしい。

それに対して井田は「よかったじゃん」と言ってくれたが当の青木は・・・。

教室で休憩中にあっくんと橋下さんにもそのことを話した青木。

あっくんからはせっかく井田に成績上げてもらったのにもうバカになったのかと言われる始末。

そしてあっくんは理系がダメなら文系に転向したらと勧められる。

その話しを席で聞いていた井田が青木のところへ歩み寄る。

そして青木にこのクラスからいなくなるのかと聞いてきた。

青木はあわてて否定するも井田は「さみしくなるなぁ…」とつぶやく。

井田がさみしいと言ってくれたことに青木は数学の補習を頑張る決意をした。

谷口先生が教室に入ってくる。

その後ろにもう1人。

教壇に立った谷口先生から紹介されたのは教育実習生の岡野先生。

青木は自分の未来がかかっている岡野先生に熱い視線を向けるのだった。

教育実習生・岡野先生と青木

早速自習室で待機する青木。

そこへ岡野先生が入ってくる。

一通り挨拶を交わしたあとまずは実力テスト。

しかし結果はバツばかりで散々だった。

謝る青木に苦笑いする岡野先生。

謝ることはないと岡野先生は自分の経験談を青木に話した。

青木と同じような成績だった高校2年に彼女が理系で必死に勉強したら得意になったという。

青木はその話しを聞いて自分も同じだと岡野先生に言った。

岡野先生はそんな青木に根掘り葉掘りどんな子と付き合っているか聞いてきた。

青木は質問に素直に答える。

もちろんすべて井田のことを。

しかし岡野先生は彼女のことだと思って聞いている。

そして岡野先生は雑談の最後に手をつないだりキスをしたりしてないのかと青木に質問。

青木はまだそこまで考えていないと複雑な面持ちで答える。

そんな青木に岡野先生は「案外相手は待っているかもしれないよ」とアドバイスを送るのだった。

イチャイチャは合意の上で

屋上でバカップルがイチャイチャしながら昼飯を食べていたので青木と井田は階段で食べることにする。

青木は井田に風紀委員だからイチャイチャを取り締まれないのかと話す。

無茶言うなよと井田が答える。

悪いことしているわけではないしイチャイチャも合意の上だからと理由を話す。

合意の上とかさらっと言ってしまう井田に戸惑う青木。

井田もそういうつもりで自分を見ているのかと想像が膨らむ。

そして岡野先生のアドバイスが頭をよぎる青木。

相手は待っているのかも…

それならと青木はそっと井田の手に自分の手を重ねてみた。

「うゎっ!」

びっくりして手を引っ込める井田。

井田のリアクションに慌てる青木。

ジュースを取ろうとしただけだからと必死に言い訳を話す姿は完全に動揺していた。

手をつなぐ青木と井田

自習室。

頭にハチマキを巻いて黙々と課題に打ち込む青木。

気合の入ったその様子に岡野先生は逆に心配になる。

青木は井田との一件を勉強に集中することで忘れようとしていた。

と、そのとき岡野先生が青木に答案用紙を返却。

91点。

「うわっ!やったー!」

岡野先生のおかげですと感謝する青木。

青木くんがすごいんだよと岡野先生も青木を褒めたたえた。

帰宅途中の青木は歩道橋の上でさっきの答案用紙を眺める。

満足のいく結果に思わず顔がほころぶ青木。

そこへ同じく帰宅途中の井田が声をかけてきた。

何を眺めているのかとたずねる井田に青木は答案用紙を見せる。

すごい大変だったと井田に話す。

すると井田は最近元気がなかった青木の原因は勉強のためだったのかと聞いてきた。

返事に困る青木。

原因は勉強ではなく井田との一件。

あの日から井田が手をポケットに入れて隠すようになったからだった。

青木は井田にそのことを謝った。

「このあいだはびっくりさせてごめん」

階段でご飯食べているときに急に手を触ったことを正直に話す青木。

もうしないからと井田に話す。

すると井田は青木の手を持って自分のポケットに押し込んだ。

「あつっ」と青木がポケットから何かを掴んで手を出すとカイロだった。

井田は青木に手を触られてびっくりした理由を話した。

それは青木の手が異常に冷たかったから。

イヤとかではない。

それを聞いて安心する青木。

早とちりだなぁと井田はそっと青木の手を握る。

カイロを挟んでしっかりと握る二人の手。

青木に触られて気持ち悪いなんて思うわけないだろうと言う井田に、ほっと胸をなでおろす青木だった。

岡野先生に嫌われた青木

歩道橋で手をつなぐ青木と井田を下から目撃してしまった岡野先生。

その後自習室で課題に取り組む青木の横で悶々と考え込む。

井田くんとそういうことなのか

岡野先生は青木がそっちの人間だと偏見を持つようになる。

そして小テストで100点を取ったらラーメンをおごるという約束をなしにしてしまう。

青木が100点を取ったのに。

なぜおごる約束をなしにするのかと残念がる青木。

すると岡野先生はそっちには興味ないからと完全に引いていた。

その態度に察した青木はわかりましたと大人しく返事する。

そして誰にも言わないからという岡野先生にありがとうと言うのだった。

教室に戻った青木。

青木の日直を手伝うあっくん・橋下さん・そして井田。

どうも様子がおかしい青木に井田が何かあったのかと聞いてみる。

なんでわかるのかと青木が言いかけるとあっくんが「態度に出てる」と先に答える。

すぐ顔に出るからと橋下さん。

「で・何があったの?」とあっくんが青木に確認する。

青木は岡野先生に嫌われてしまったと答える。

井田と歩道橋で手をつないでいるところを見られたからだと。

そしてラーメンをおごってもらう約束もなしにされたことを話した。

大したことはないという青木に井田は大したことだよと答える。

もちろんあっくんや橋下さんも怒り心頭だった。

教師の役目

井田は岡野先生と直接話してくると青木に伝える。

青木は大丈夫だからと井田を引き止めた。

どうしたいかと井田は青木に聞いてみた。

しばらく考える青木。

「大事にしてくれる人を大事にしたい」

そう答えると岡野先生なんてこっちからお断りだと井田に言った。

そして青木は井田にラーメンを食いに行こうと誘う。

わかったと井田は部活が終わったら連絡すると約束してくれた。

一方、職員室では谷口先生が岡野先生と話していた。

谷口先生は岡野先生を諭すように今の生徒たちの多様性に理解が必要だと話した。

教師は個性を見守っていくのも大切な役目

そう話す谷口先生はもちろん青木と井田のことを陰ながら理解している一人だった。

好きなものは人それぞれ

井田と待ち合わせをする青木。

するとおじさんから道をたずねられる。

どうやら宿泊するホテルの場所がわからないらしい。

道案内をする青木。

ラーメン屋の近くだったのでそのままついて行ってあげることにする。

ホテルの前まで来たところで感謝をするおじさん。

おじさんは親切な青木にお礼をと財布からお金を取り出す。

そんなの受け取れないと青木が断る。

おじさんはそれでも青木にお金を渡そうとしていると…

「なにしてる!」

と、現れたのが岡野先生だった。

岡野先生は青木の手を引っ張ってその場から立ち去る。

そしてホテルから少し離れたところまで来ると岡野先生は青木に言った。

「もっと自分の体を大事にしろ!」

怒られた青木はわけがわからない。

ホテルまで道案内しただけだからと説明した。

しかし岡野先生は井田とのことはどう説明するのかと聞き返してくる。

付き合ってるからとはっきり答える青木。

そして岡野先生は偏見を持っていると責めた。

そこへ遅れてやってきた井田。

岡野先生を睨みながら近づくとこう言った。

「一緒にラーメン食べませんか?」

まさかの提案に青木も岡野先生も驚く。

空気を呼んでくれと言う青木とは反対に岡野先生はおごるからと了解してくれた。

ラーメン屋のカウンターに座る岡野先生・青木・そして井田。

ラーメンが出来上がるのを待つ。

井田がトイレに席を立つと岡野先生は青木に謝った。

約束を破って悪かったと。

青木のことはすぐに理解できないけど約束を破る理由ではなかったと話してくれた。

それを聞いて青木も納得。

そして岡野先生にこう伝える。

誰でもいいわけではない・井田が好きなんだ

ラーメンが出来上がる。

岡野先生は味噌、青木は醤油、井田は塩。

3人とも見事にバラバラ。

それを見て岡野先生は人それぞれ好きなものを選ぶ自由を理解するのだった。

そしてラーメン屋の帰り道。

青木は井田にありがとうと感謝を伝える。

岡野先生と対立という最悪の事態から見事に和解へと導いてくれたことに…。

つづく。

ドラマ「消えた初恋」9話のあらすじとネタバレ・感想|初めてのデート 最終章を迎えたドラマも残すところあと2話となりました。 今回はその前哨戦ともいえる第9話のネタバレをお届けします。 手をつ...

ドラマ「消えた初恋」8話・視聴者の感想

偏見やば男な岡野先生にもやもや。

あんな素敵なふたりに偏見持つなんて!と思いましたが、実際はそう思われて仕方ないのかなぁ。少し悲しい。

でも最後はわかってもらえて、平和な世界が保たれて安心しました。

手を繋ぐシーンがさりげなくてきゅん!

あと、あのラーメンはずるい!飯テロ!ラーメン食べたくなりました。

(30代・女性)

今回、私は井田君のチラッと見せた笑顔に2度キュン死しました。

感情表現あんまりしない井田君だから、尊いことこの上なし!そして、カイロを挟んでの恋人つなぎ!心臓止めにきてるな今回。

偏見やば男の岡野先生と青木君の仲を取り持つ真っ直ぐな優しさもナイス!

そして、青木君の「俺だって誰でもいいわけじゃない。井田が好きなんだ。」ってセリフにもキュンキュン。

毎回ほんわかして応援したい気持ちになっちゃいます。

(50代・女性)

青木君の、大事にしてくれる人を大事にしたい。という言葉が心に染みます。

岡野先生みたいな偏見ヤバオが普通なのかもしれません。

青木君がキッパリ言ってくれたおかげで改善されたようですが、偏見ヤバオは岡野先生だけではありません。

これから青木君と井田君の関係が進むとしたら覚悟しなければいけない道なんだろうな…。

辛い道が想像できてしまって苦しく感じました。

(40代・女性)

「消えた初恋」あらすじとネタバレを1話から最終回まで|ドラマ情報も ドラマ「消えた初恋」のあらすじとネタバレを1話から最終回までご紹介します。 人気BL漫画の実写ドラマ化を道枝駿佑と目黒蓮の共演で...