消えた初恋

ドラマ「消えた初恋」6話のあらすじとネタバレ・感想|恋のライバル現れる?

井田に告白して付き合うことになった青木はまさかの返事に信じられないと不安をこぼす。

そんな不安を解消するためにあっくんに連れられて井田のいる体育館へ。

ところが不安を解消するどころか逆に不安が増すことに。

それは恋のライバルの出現。

果たして青木はライバルに打ち勝つことができるのか。

そんな「消えた初恋」6話のネタバレを紹介します。

ドラマ「消えた初恋」6話のあらすじ

青木(道枝駿佑)が、勇気を振り絞って井田(目黒蓮)に告白! 決死の告白が実り、2人は晴れて付き合うことになったはずだが…?

うれしい反面、いまだにそのことが信じられない青木は、親友・あっくん(鈴木仁)に不安な気持ちを打ち明ける。井田が本気なのかどうかわからない…とウジウジする青木を見て、あっくんは「そういうことは直接本人に聞こう」とキッパリ! 2人はバレー部が練習している体育館に向かう。

すると体育館では、翌日の練習試合に向けてミーティング中の部員たちが、相手校の美人マネージャーの話題で盛り上がっていた。しかも、そのマネージャーの好きな人が自分たちの中にいるらしいと聞きつけ、部員たちはそのラッキーな人物は、“外見だけならモテ度120%”の井田に違いないと大騒ぎ! うっかりそれを聞いてしまった青木は、いきなり恋のライバルが出現したことにガクブル…激しく動揺してしまう。

翌日、いても立ってもいられなくなった青木は、誰にもバレないようこっそり練習試合の様子を偵察することに。しかし、井田は青木が見に来ていることに気づき…!?

一方、青木の恋を応援し続ける橋下さん(福本莉子)やあっくんも、実は密かに悩みを抱えていて…?

引用:©テレビ朝日/ジェイ・ストーム

ドラマ「消えた初恋」6話のネタバレ

恋のライバル出現

林間学校でついに井田へ告白した青木。

山の神様のおかげなのか、井田から付き合ってみるかという返事をもらえた。

そのことを教室であっくんへ報告する青木。

やったじゃん!と喜んでくれるあっくん。

しかし青木はどうも冴えない顔をしている。

その理由はまさか井田からOKされると思わなかったから。

なので心の準備ができていないという。

面倒なことを言う青木にあっくんが呆れて意見する。

すると青木は井田が本当に自分のことを好きなのか気になると言い出す。

そんなウジウジとしてる青木を見かねたあっくん。

「そううことは直接井田へ聞こうぜ!」

そういうと青木の手を引っ張って井田のところへ向かった。

体育館でバレーボールの部活をしている井田。

そこへあっくんに引っ張られた青木が到着。

体育館の入口から顔だけを出してこっそり井田を眺める青木。

するとあっくんが井田に確認してこいと青木を押し出した。

押し出された勢いでバレーコートのそばに倒れこむ青木。

そんな青木をバレー部のメンバーが見る。

もちろん井田も。

井田は青木が気になりながらも集合の合図でキャプテンのところへ駆け寄る。

キャプテンからは明日の試合についての話し。

青木もまた入口に戻って井田をそのまま観察。

するとキャプテンからとんでもない話しが飛び出す。

相手チームの脅威・超美人マネージャーの存在。

そしてそのマネージャーが井田に告白するかもしれないという。

それを聞いてあっくんが恋のライバル出現でヤバいじゃんと青木に話す。

しかし青木は全然気にならないと強がった。

でも青木の足はガクガクと震えて動揺丸出し。

あっくんからも「お前・足ガクブルじゃん」とツッコまれる始末だった。

俺らは付き合っている?

体育館をあとにして渡り廊下であっくんと話す青木。

このままだと美人マネージャーに井田を取られるのではと脅すあっくん。

青木は動揺しながらも大丈夫と根拠のない返事。

するとあっくんは井田がお前のことを好きかどうかちゃんと確かめたほうがいいとアドバイス。

しかしそうやって青木にアドバイスをするあっくんも実は橋下さんとの恋に悩んでいた。

そして青木に相談しようとするが当の青木は井田のことでそれどころではなかった。

帰宅した青木。

あっくんからのアドバイスで井田にラインを送ろうとしていた。

俺らって付き合ってんの?

そうやって打ち込んだメッセージを読み返す青木。

サブい内容に我に返ると送信ボタンを押さないと決めた。

すると母から急に呼ばれた声にビックリしてスマホを思わず落としそうになる。

そして宙に舞うスマホをかろうじてキャッチ。

しかし再びスマホを見るとラインのメッセージが送信されている。

ヤバいと焦る青木があたふたしているとすぐに既読がついた。

「既読はや!」

青木はそのあと気になって井田からの返信を待つ。

しばらく経っても返信が来ないことに既読スルーかもとイライラする青木。

ベッドに入って寝る準備をしていたところにやっと返信が来た。

今度学校で話す

付き合ってるかどうかの返事をすぐにくれなかったことに不安になる青木。

もしかしたら美人マネージャーに乗り換えるつもりではないかと疑い出す。

そうして青木は井田の試合会場へ乗り込むことにするのだった。

美人マネージャー登場

試合会場に乗り込んだ青木。

体育館の2階まで行って井田がいるコートを監視することに。

母から拝借したオペラグラスを覗き込んで早速コートの井田を探す青木。

井田を発見。

さらに美人マネージャーも発見。

その美人マネージャーを目の当たりにして焦る青木。

このままでは井田の心は持っていかれる。

そう思うほど気配りもできるマネージャーだった。

そのマネージャーがバレー部顧問の谷口先生のところへ。

谷口先生と何かを話しているマネージャー。

青木の場所からは何も聞こえない。

近くにいるメンバーも話している内容までは聞こえなかった。

マネージャーが去ったあと谷口先生のところへ駆け寄るメンバー。

マネージャーと何を話したのかを聞いてみる。

すると谷口先生はプレゼントを渡してほしいと頼まれたと言った。

しかしそういうのは自分で渡しなさいと断ったのだという。

その話を2階で聞いていた青木は井田へのプレゼントだと動揺するのだった。

好きなのかどうかが肝心

2階から覗き見る青木に気づいた井田。

青木も気づかれたかもと思いその場から逃げる。

そして1階に降りたところで井田に呼び止められる青木。

試合を見に来てくれたのかとたずねる井田。

マネージャーと井田を監視するために来たとは言えない青木。

ラインの返事がどういうことなのか気になってと井田に聞いてみた。

すると井田は直接話したほうが早いからと答える。

スマホとかはどうも苦手というのがその理由だった。

「おじいちゃんかよっ」

とツッコむ青木。

でも井田はちゃんと伝えてなくて悪かったと謝った。

そして「よろしくな」と返事をした。

てっきり美人マネージャーに乗り換えるつもりだと思ってた青木はあっけにとられる。

付き合うんだろという井田に「あ・はい」と力が抜け落ちた返事をする。

そして青木は思い切って自分のことを好きなのかどうかを井田に聞いてみた。

「わからん」

あっさりと返事をする井田。

わからないとはどういうことなのかと追及する青木に井田は人を好きになった事がないからだと言った。

それで付き合うのってどういうことなのかと少々愚痴っぽくなる青木。

そうこうしていると、そこへ例の美人マネージャーがやって来て井田にあいさつ。

青木は井田に知り合いなのかとたずねる。

井田は説明する。

マネージャーとは友達の集まりで何回か会ったことがあると。

そしてマネージャーは青木にも挨拶したあと、井田に谷口先生との会話を聞いていたかと確認してきた。

聞いてないと返事をする井田。

すかさず青木は井田の評価を下げるべくマネージャーとの会話に割って入る。

しかしそれが逆効果。

青木が言った井田情報がどれも好みだと褒めるマネージャー。

どうみても井田に好意を持っているように思える。

そしてマネージャーは井田にプレゼントを渡すとその場をあとにした。

好きってどういうことなのか

試合が終わって井田は体育館の2階を見るが青木はいない。

青木を探す井田。

そこへマネージャーがやって来た。

マネージャーが話しかけてくる。

しかしマネージャーの会話が入って来ない井田。

青木のことを考えていたから。

井田君聞いてる?と確認しつつ、そのまま会話を続けるマネージャー。

「私と付き合ってみませんか?」

井田への告白。

「えっ!なんで?」

井田が聞き返す。

そう聞いたのは実は谷口先生に話すマネージャーの会話が聞こえていたからだった。

さっきは青木がいたからマネージャーを気遣って会話を聞いてないと嘘をついたと話す井田。

その内容は谷口先生へプレゼントを渡す告白のような感じだった。

そしてさっきつい受け取ってしまったプレゼントをマネージャーに返す井田。

マネージャーはそんな井田に谷口先生を好きになったキッカケを話した。

そして今回ダメだったらあきらめようと決めていたという。

すべてを話すと井田へ謝るマネージャー。

付き合ってとか適当なこと言ってごめんなさいと。

でも井田にも好きな人がいるのがわかったと話す。

会話をしているときに井田がうわの空だったから。

想っている人のことはつい考えてしまう。

今何をしているのかなぁとか、その人のことを目で追ったりとか。

「井田君もそういう想う人がいるんでしょ?」

マネージャーからそう言われて初めて好きとはどういうことかをなんとなく理解した井田。

それが好きってことなのか

好きってことがなんとなくわかった

マネージャーと井田が話していた場所の陰で隠れていた青木。

井田にはバレバレだった。

井田に見つかった青木。

場所を移して誰もいない体育館で2人になる。

青木はまだ誤解していた。

そしてマネージャーとお幸せにと捨て台詞。

そんな青木に井田はマネージャーには他に好きな人がいると伝える。

だからマネージャーとはそんなんじゃないと説明してようやく誤解が解けた。

そして井田は好きって気持ちがなんとなくわかったと青木に話す。

俺って青木のことが好きなのかな?

そう青木にたずねる井田。

そして井田は青木とちゃんと付き合えたらいいなと本気で思っていることを伝えた。

それに対して青木も井田と同じ気持ちだと伝える。

井田から本気で付き合おうって言われたいと思っていることを…。

あくる日の朝。

登校する青木は舞い上がってご機嫌だった。

井田の気持ちが聞けたから。

そこへポケットのスマホがブルブルッと通知を知らせる。

ラインのメッセージを確認する青木。

相多君にふられてしまいました

橋下さんからだった。

あわててすぐに返信する青木。

橋下さんの居場所が屋上だと確認すると走って向かうのだった。

つづく。

ドラマ「消えた初恋」7話のあらすじとネタバレ・感想|橋下さんがリーゼント!? 橋下さんがリーゼントに!? 冒頭からのびっくり展開に目が離せないドラマ「消えた初恋」の第7話。 前回相多くんにフラれたと青...

ドラマ「消えた初恋」6話・視聴者の感想

あの告白は夢だったのか?と不安になる青木くんが可愛いすぎでした。

それに対して相変わらずマイペースな井田くんですが、ちゃんと考えてくれていて、真面目なところが男前!

青木くんが好きになってしまう気持ちがわかる!

ライバル出現!?かと思いきや、とてもいい子で、嫌なキャラクターが出てこないところも好きです。橋下さんの恋も気になる!

(30代・女性)

不安で挙動不審な青木くんが、とっても可愛くて面白かったです。

気分はすっかり恋する乙女!

井田くんみたいな一見クールな子を好きになっちゃうと不安になるよね。

素敵だったのは、体育館でボールを投げあうシーン!

さりげないけど絵になる2人で見惚れちゃいました。

井田くんも徐々に好きって気持ちに気付きつつあるようで、小出しに胸キュンなセリフをぶっ込んでくるところが、もうたまりません。

(50代・女性)

林間学校という普段と違う場所での盛り上がりから日常に戻ると不安になる青木君の気持ち、よくわかります。

確かめようにも男子にありがちな既読スルーとか…。返信来てもハッキリしないし…。

それが余計に不安にさせるんだよと井田君に教えてあげたい!。

井田君を好きな子が出現かと思いきや、その子に好きとはどんなことか教えられた井田君。

少しずつ青木君との絆を深め成長している感じが爽やかで美しかったです。

(40代・女性)

「消えた初恋」あらすじとネタバレを1話から最終回まで|ドラマ情報も ドラマ「消えた初恋」のあらすじとネタバレを1話から最終回までご紹介します。 人気BL漫画の実写ドラマ化を道枝駿佑と目黒蓮の共演で...