消えた初恋

ドラマ「消えた初恋」5話のあらすじとネタバレ・感想|ついに付き合う?

林間学校で告白すると決めた青木。山の神様を信じることにする。

そんな恋のマジックトラベルと言われた林間学校だが実はスパルタのオリエンテーリングだった。

告白どころではなくなった青木は果たして井田に気持ちを伝えることが出来るのか?

まさかの展開に驚きの「消えた初恋」5話のネタバレを紹介します。

ドラマ「消えた初恋」5話のあらすじ

ついに井田(目黒蓮)への恋心を認めた青木(道枝駿佑)は、親友のあっくん(鈴木仁)に背中を押され、林間学校の旅先で告白する決意を固める。

林間学校がスタートし、なんとか話し掛ける機会をうかがう青木だが、バレー部の仲間たちに囲まれてワイワイと楽しそうな井田には、まったく隙がなくガックリ…。一方、橋下さん(福本莉子)も女子に気軽に声を掛けて楽しんでいるあっくんの姿を目の当たりにして、ちょっぴりイライラモードに…。臆病で何ごともすぐに諦めてしまう青木と橋下さんだが、この林間学校は代々“恋が始まるマジックトラベル”と語り継がれていると知り…?

しかし、ふたを開けてみると、恋のマジックどころではない事が発覚! 夕食の食材を自分たちで確保しなければならないという地獄のオリエンテーリングがスタートすると、虫が苦手な青木と、体力がなく方向音痴な橋下さんは、早々に落ちこぼれてしまう。2人は、自分たちとは逆に、やすやすと食材を手に入れた井田とあっくんの頼もしい姿に思わずときめいてしまうのだが…!?

はたして、青木と橋下さんは、地獄のオリエンテーリングを乗り切って恋のミラクルを起こすことができるのか!?

引用:©テレビ朝日/ジェイ・ストーム

ドラマ「消えた初恋」5話のネタバレ

山の神様を信じて

林間学校開催当日。

山道を歩く生徒たち。

そこにはもちろんいつものメンバーの姿。

井田・青木・あっくん・そして橋下さん。

井田はクラスメイトの男子と会話をしながら前を歩く。

その後ろをつけるように歩く青木。

そんな青木の姿はまるで獲物を狙う殺し屋のようだった。

そこへ声をかけてきたのがあっくん。

「そんなんじゃ告る前から嫌われるぞ(笑)」

声の大きいあっくんに慌てる青木。

周りに聞こえたらとあせってしまう。

緊張する青木とは対照的に解放感いっぱいのあっくん。

青木の前を歩いている女の子に声をかけるため行ってしまう。

そんなあっくんの姿をみてうらやましいと思う青木。

と、今度はそこへ橋下さんが声をかけてきた。

「うらやましいよね…」

同じく橋下さんも軽いノリで楽しむあっくんを見てそう思っていた。

そんな落ち込む橋下さんを青木は励まそうとする。

林間学校の間に告白すればきっとうまくいく

そう自分にも言い聞かせるように橋下さんへアドバイス。

お互いにいくじなしですぐにあきらめてしまうところが似ている二人。

肩を落としながら一緒に歩く。

山の神様を信じて。

しかし恋のマジックトラベルと言われているこの林間学校。

実は地獄のスパルタオリエンテーリングだったのだ。

スパルタ林間学校の開幕

施設に到着した生徒たち。

広場へ集められて担任の谷口先生から開催のあいさつ。

そして谷口先生が紹介するオリエンテーリングを監修する人物が登場。

山のサバイバル術に詳しいという元自衛隊員。

迷彩服に身を包んで現れた男の名は阿久津。

「貴様ら―!私語をつつしめ!」

いきなりの威圧感に圧倒される生徒たち。

阿久津からの説明はこうだった。

・2人1組のペアで行動。

・地図を頼りに山にある食材を探し出す。

・タイムリミットまでに持ち帰った食材を調理して食事をする。

至ってシンプルなルールだが食材を見つけられなかったらと心配する生徒たち。

そして地図が配られる。

告白どころではないと落ち込む青木。

そんなサバイバルオリエンテーリングがいよいよスタートした…。

オリエンテーリング

山に入り食材を探す生徒たち。

青木は橋下さんとペア。

井田はあっくんとペアだった。

地図にある食材をすべて集められればビーフカレーが作れる。

張り切る青木だが山の中は過酷そのもの。

苦戦する生徒たち。

虫が苦手な青木は虫を追い払うのに必死。

体力のない橋下さんは方向音痴でどこへ向かえばいいのかわからない。

一方で井田とあっくんペアは順調に食材を集めてコンプリートしていた。

制限時間になり施設に戻ってきた生徒たち。

集めた食材の数でランク付けされている。

すべて集めたAランクには井田とあっくんペア。

足らない食材があるBランク、Cランクと続き、最下位のDランクには青木と橋下さんペア。

なんと見つけた食材はにんじん1つだけだった。

食事の時間

それぞれの食材で調理する生徒たち。

集めた食材によって出来るものが異なる。

もちろん食材をすべて集めた井田とあっくんはビーフカレー。

食材がにんじん1つの青木と橋下さんは調味料だけのにんじん料理。

さいわいに家庭科部だった橋下さんのおかげで味付けは最高。

しかし取り皿にのせると4切れほどの寂しい食事。

それでも喜んで食べる青木と橋下さん。

そこへ井田とあっくんがカレーのおすそわけを持って来てくれた。

井田のやさしさに感動する青木。

思わず井田をハグしてありがとうと伝える。

橋下さんもあっくんのやさしさに思わず涙がこぼれ落ちる。

スパルタ元自衛隊員の阿久津に見つからないようにと気遣うあっくん。

そそくさとそれでいて美味しそうに食べる青木と橋下。

しかしそんな4人を遠くから覗き見る阿久津だった。

オリエンテーリング2日目

配れる地図をみてうなだれる生徒たち。

1日目よりも厳しい設定になっていた。

メニューも同じビーフカレー。

そして山に入って行く生徒たち。

青木と橋下さんも井田とあっくんに迷惑をかけられないと気合十分で山に向かったのだったが…。

制限時間で戻ってきた結果。

またもやDランクの青木と橋下さん。

他の生徒はすべてAとBランク。

もちろん井田とあっくんはAランク。

情けないとなぐさめ合う青木と橋下さん。

今回の食材はたまねぎだけだった。

調理をはじめる生徒たち。

しかし井田が疑問を持ちはじめる。

そして声をあげる井田。

「みんなで作らないか!」

地図を読む力や体力とかそれぞれ能力が違うのにランク付けはおかしいと思ったからだった。

みんなの食材を集めて一緒に作り平等に分けて食べようと提案。

井田の意見に賛同するみんな。

青木と橋下さんはそんなみんなにありがとうと感謝を伝える。

と、そこへ現れたのがスパルタ元自衛隊員の阿久津。

井田は阿久津に集めた食材をどう使うかは自分たちで決めると言い切った。

にらみ合いになる井田と阿久津。

すると阿久津が突然「合格だ!!」と叫ぶ。

実はこのオリエンテーリングには隠された課題があった。

それはクラスの団結力。

カレーを分け合うことを決めたので見事に課題をクリアしたのだった。

一歩踏み出す勇気

食事も終わって片づけをする青木と橋下さん。

そこへ阿久津が声をかけてきた。

「どうして自分たちだけがうまくいかなかったのかがわかるか?」

そう問いかけてきた。

虫が嫌いだからと答える青木。

体力がないからと答える橋下さん。

しかしそれは関係ないと話し出す阿久津。

理由は二人が臆病だからだという。

言い訳を並べて行動する前からあきらめているから。

勇気を持って一歩踏み出せ

歩き出せば必ず道は開けると話を締めくくる阿久津。

その言葉が心にささった青木と橋下さん。

あらためて臆病な自分たちに気づかされる。

そしてこのとき青木は井田に告白すると心に決めたのだった。

告白

林間学校最後の夜。

青木は井田を外に呼び出した。

なかなか切り出せず何でもない話しをしてしまう青木。

話しって何かと井田が聞いてくる。

青木はまず消しゴムの件を話す出す。

それに対して井田があれは勘違いだったんだろと返してきた。

しかし青木はそうではないことを伝えようとする。

「最初は勘違いだったけど…本当は…す…す…」

『す』まで出かかるが好きだとなかなか言えない。

あまりにもの恥ずかしさに木の陰に隠れてしまう青木。

少し離れたところから言わせてほしいと井田にお願いする。

そして木の陰で何とか最後の言葉を絞りだそうとする青木。

何を言ってるのか聞こえないと井田が近づいてくる。

そしてついに青木は言った。

お前のことが本気で好きになってしまった

目の前まで井田が近づいて来ていることに気づいてなかった青木。

下を向いて告白したあと顔を上げるとそこには井田の顔。

びっくりした青木は後ずさりして斜面から転がり落ちる。

その青木を助けるように同じく転がり落ちる井田。

幸いにも怪我がなく起き上がる青木。

しかし足元には井田が仰向けになって倒れている。

「しっかりしろ井田!」

目を開けない井田が死んでしまったかもと泣き崩れそうになる青木。

-勝手に殺すな-

そう言ってゆっくり目を開ける井田。

お互いに怪我はなかった。

井田に迷惑ばっかりかけていることを謝る青木。

そんなことないとやさしく否定する井田。

落ち着いたところで青木はあらためて話を整理して真面目に話す。

最初は消しゴムの勘違いだったこと。

でも井田が真剣に考えてくれたこと。

そしてそんな井田を本当に好きになってしまったこと。

そう順序立てて話し終わると、これ以上迷惑かけられないからと青木は井田にフッてくれと頼んだ。

しかし、それを聞いた井田は青木が本気なのは十分伝わっていた。

そして「付き合ってみるか?」と真面目に応えたのだった。

山の神様ありがとう

まさかの井田の返事にびっくりする青木。

思わず井田に頭がおかしくなったのではと失礼なことを言ってしまう。

しかし井田は付き合おうと思ったのは青木をほっとけないからと言った。

そんな理由に少し不満な青木。

真剣に考えてくれた返事なのかと念押しをする。

真剣に考えた結果、好きということがわからないということがわかったという井田。

とにかく青木に真剣に好きだと言われたことに応えたいと思ったという。

なんとも曖昧な理由だけど晴れて付き合うことになった二人だった。

林間学校も終わり施設をあとにする生徒たち。

青木は歩きながら手をいっぱいに広げて山を感じながら思った。

これからどうなるかわからないけど…。

山の神様ありがとう

つづく。

ドラマ「消えた初恋」6話のあらすじとネタバレ・感想|恋のライバル現れる? 井田に告白して付き合うことになった青木はまさかの返事に信じられないと不安をこぼす。 そんな不安を解消するためにあっくんに連れられ...

ドラマ「消えた初恋」5話・視聴者の感想

山の神様ありがとうございます!!青木くんの告白が成功して幸せいっぱいです。

受け止める井田くんの男っぷりも最高でした。

恋愛以外にもクラスの一致団結だったり、青春がぎゅっと詰まっていて、わくわくが止まらなかったです。

いいなぁ青春‥。

付き合うことになった青木くんと井田くんの今後が楽しみです!

(30代・女性)

後半のたたみかけるような胸キュンシーンの連続にテンションが上がりました。

山の神から勇気をもらった青木君の告白はとても可愛いかった!

素直に気持ちを打ち明けることができて本当に良かったです。

クールな井田君から、いきなり頭ポンの決め技が飛び出した時には、私の呼吸止まりましたよ。

ちょっと今回スキンシップ多め!そして、ついに付き合うことになった2人に、もう期待しかありません。

(50代・女性)

林間学校のオリエンテーリング。

青木君と井田君で組むと思いきや青木君と橋下さんが組むんですね。

この2人もお似合いなんだけど案の定ダメダメな2人でした。

全員でカレーを作ってミッションクリア。

クラスの結束は強くなって良かったのですが…。

青木君も想いを伝えることができて、めでたしめでたしとなるのでしょうか。

みんなの仲良しな姿を見ていると友情なのか愛情なのか分からなくなってきました。

(40代・女性)

「消えた初恋」あらすじとネタバレを1話から最終回まで|ドラマ情報も ドラマ「消えた初恋」のあらすじとネタバレを1話から最終回までご紹介します。 人気BL漫画の実写ドラマ化を道枝駿佑と目黒蓮の共演で...