消えた初恋

ドラマ「消えた初恋」2話のあらすじとネタバレ・感想|勘違いが本物に?

前回とんだ勘違いから井田のことが好きということになってしまった青木。

でも井田を好きな橋下さんを何とか応援したいと裏方へ徹するがどうもうまくいかない。

それどころか勘違いをしている井田に心が揺れていく青木。

そんな気になる展開の「消えた初恋」2話のネタバレを紹介します。

ドラマ「消えた初恋」2話のあらすじ

密かに思いを寄せるクラスメイトの橋下さん(福本莉子)が硬派な井田(目黒蓮)に恋していることに気づき、あっさり失恋してしまった青木(道枝駿佑)。さらに、ひょんな事から「青木は俺のことが好きなのか?」と井田は勘違い。それぞれの恋模様が交差する中、青木達のクラスでは、文化祭で『シンデレラ』の劇を上演することに。教室では、青木、井田、橋下さん、あっくん(鈴木仁)が準備に追われていた。

橋下さんの恋心を知り、落ち込みながらも「応援する」と約束してしまった青木は、いっそこの機会に井田とくっつけてしまおうと考え始める。チャンスをうかがいながら作業に励む青木だが、近づいてきた橋下さんから「好きな人がいるなら私も協力する」と言われてアタフタ…完成に近づいていた背景画に水をぶちまけてしまう! まさかの大ピンチに絶望する青木だが、井田ら3人が修正を手伝ってくれることになり…?

翌日、なんとか無事に準備を終えた青木らが登校すると、学級委員長の仲林(西垣匠)が衝撃の発表をしていた。なんと、シンデレラと王子役の2人が、風邪でダウンしてしまった!クラスのピンチを救うため、代役探しが始まるが…?

引用:©テレビ朝日/ジェイ・ストーム

ドラマ「消えた初恋」2話のネタバレ

橋下さんを応援したい青木

その日、教室では文化祭の話し合いが行われていた。

クラスの出し物は「シンデレラ」。

それぞれの役割を決めていく。

そして大道具係に手を挙げたのは橋下さん(福本莉子)と他女子3名。

大道具係は6人必要だったのであと2名。

橋下さんが手を挙げたことで青木(道枝駿佑)は井田(目黒蓮)に大道具係を勧めた。

「井田・大道具やれよ」

青木は橋下さんと井田の仲を取り持つのが目的。

しかし井田は青木が自分と一緒にやりたいのかと勘違いする。

勘違いしている井田にヤキモキした青木は井田の腕を掴んで手を挙げさせる。

「大道具やります・こいつが」

しかし進行役の子が一緒に手を挙げている青木まで大道具係に決定。

結局井田と青木の二人が大道具係に選ばれたのだった。

橋下さんを応援するつもりが…

文化祭まであと1日。

みんな大詰めを迎えていた。

大道具係の青木たちも背景の仕上げに追い込まれていた。

絵のセンスが壊滅的な青木を見かねて井田が手伝うと声をかけてくる。

いいよとムキに断る青木だが井田がペンを持ち下絵を描いていく。

そのセンスに感動。

「スゲー!」

喜ぶ青木を井田が見つめる。

視線を感じた青木が井田を見る。

目が合う二人。

青木は(俺のバカ!気を許してどうする!)と心の声が叫ぶのだった。

橋下さんが完成品の大道具を運ぼうと手間取っていた。

青木は井田に「俺のことより橋下さんを手伝ってこいよ」と言う。

井田は橋下さんを手伝うことに。

しかし青木の親友あっくん(鈴木仁)が教室に来て橋下さんと荷物運びを代わってしまった。

せっかくの井田と橋下さんの話す機会を奪ってしまったあっくん。

青木はあっくんが邪魔だと思った。

井田とあっくんが荷物を持って教室を出て行ったあと橋下さんと話す青木。

俺がもっと後押しできれば井田と話せる時間を作れたのにと橋下さんへ謝る。

そんなことないよと言う橋下さん。

橋下さんは逆に青木に協力をしたいから好きな人を教えてと聞いてきた。

教えて誰?と詰め寄ってくる橋下さん。

青木は答えられずに詰め寄る橋下さんに後ずさり。

そのとき橋下さんが絵の具の筆洗いバケツをこぼしてしまう。

そしてせっかく仕上げた背景を台無しにしてしまったのだった。

教室に戻って来た井田とあっくん。

ボロボロの背景をみてどうしたのかと驚く。

青木はとっさに俺がやらかしたと謝った。

もちろん橋下さんをかばうため。

井田は何とか直せると背景の絵を再度塗りはじまる。

そんな真面目な井田に青木の心が揺れるのだった。

勘違いのままの井田に心が揺れる青木

作業の途中、渡り廊下の自動販売機で休憩をする井田。

そこへ青木がジュースを買いに来る。

青木は井田に「ごめん・わざとやったわけじゃないけど」

と筆洗いバケツをこぼしたことを謝った。

井田は「わかってる・気にするな」と青木の頭を撫でてきた。

青木は優しくされたことに複雑な気持ちを感じてしまうのだった。

夜9時前。

ようやく修正を終えた青木、井田、あっくん、そして橋下さん。

橋下さんはあっくんと、青木は井田と一緒に帰ることになった。

帰り道で歩きながら話す青木と井田。

井田が橋下さんと青木は一生懸命なところがいいと褒める。

青木は橋下さんを褒める井田に橋下さんを推した。

橋下さんをやたらと推してくる青木に井田が言う。

「おまえ・俺のことが好きなんじゃないの?」

言葉に詰まる青木。

橋下さんが井田のことを好きだということは言わない約束だから。

そして青木は「俺なんかどうせ無理だから好きな人の幸せを願いたい。」と言った。

つまり橋下さんの幸せを願いたいという主旨だったのだが井田は勘違い。

青木が言う俺なんか無理というのは橋下さんのこと。

青木→♡×橋下さん。

井田が勘違いした青木が言う無理な人は自分のこと。

青木→♡×井田。

なので好きな人の幸せを願いたいというのも自分のことだと思った。

井田はそんな青木に「おまえ・やさしいな」と言った。

青木はその言葉にまた心が揺れる。

帰宅後、青木は井田に心が揺れていることに思わず風呂で「うわーっー!!」と叫んでしまうのだった。

シンデレラの青木と王子の井田

いよいよ文化祭当日。

しかし思わぬ事態が起こる。

主役の二人が熱を出して休み。

急遽代役を立てることになったが手が空いているのは大道具係しかいない。

そこで橋下さんにシンデレラ役の声がかかる。

人前が苦手な橋下さんは返事に困る。

橋下さんの困った姿を見かねた青木が「俺がやりたい」と言い出す。

あぜんとするクラスのメンバー。

でもやりたいのならとシンデレラの代役は青木で決定した。

あとは王子役。

しかし誰にするもなにも大道具係で残る男子は井田しかいない。

ということで王子役は井田に決定した。

いよいよ本番前。

舞台裏で控えている青木のところへ井田が挨拶に来た。

青木は井田を見てお前とやりたくてシンデレラ役をやると言ったのではないと話す。

井田は言われなくてもわかっていた。

「橋下さんをかばったんだろ」

かっこいいよと青木を褒める井田。

しかし、どうしても井田とそういう方向へ進んでしまうことに青木は動揺を隠せないでいた。

本番。

舞台ではシンデレラ役の青木がカンペを見ながら演技をする。

ドレス姿が綺麗なほどに似合っている。

王子役の井田が登場。

客席から黄色い声援が飛んでくるほどカッコイイ。

そしていよいよクライマックス。

高いヒールに足をぐねって倒れそうになるシンデレラの青木。

そこに王子の井田が支えて助ける。

見つめ合う二人。

「大丈夫か」

アドリブで心配する王子の井田。

そんな井田を見つめて(ヤバいマジで井田が王子に見える…)そう思ってしまう青木だった。

勘違いから本物に?

無事に出し物を終えクラスのみんなが教室に集まっていた。

あっくんがスマホで記念撮影。

青木はそこに映っていた井田と橋下さんを見てお似合いだと思う。

しかしその反面、違う感情が湧いていることに気づいてしまう。

(うそだろ…俺・今どっちに嫉妬してんだよ)

ほどなくしてクラスのみんなに茶化される青木。

王子とシンデレラがデキてると盛り上がるみんな。

青木はやめろとついムキになって怒ってしまう。

もちろんみんなは冗談のつもり。

だが井田も怒った。

クラスのために頑張った青木を笑い者にするのが許せなかったから。

青木は帰り道に井田のことを考えながら歩く。

(もしかして・俺・本気で井田のことを…)

ボーっとして道路に飛び出そうとしたその時、橋下さんが青木の体を引っ張った。

そのすぐあとにトラックが通る。

寸前で助けてもらった青木は歩道に尻もちを着いていた。

橋下さんは青木を心配して追いかけてきたという。

どうしてそんな心配してくれるのと橋下さんに聞く青木。

橋下さんは友達だから当たり前だよと答える。

そしていつも青木に助けてもらっているからと。

シンデレラの役に手を挙げてくれたこともわかってくれていた。

ありがとうと感謝の言葉を伝えられた青木。

でも青木はここで初めて橋下さんへ今の気持ちを伝える。

もう橋下さんの恋を応援できないと。

そしてこう言った。

俺・あいつ(井田)のことが・好きかもなんだ…

つづく。

ドラマ「消えた初恋」3話のあらすじとネタバレ・感想|本気で井田が好き? 前回、橋下さんと同じ想いを告白した青木。 お互いに井田のことが好きなライバルになるはずがまさかの展開に! 冒頭からビックリ...

ドラマ「消えた初恋」2話・視聴者の感想

2話目にして井田くんの沼に落ちる青木くん。

展開の早さに驚きましたが、井田くんの誠実さ、かっこよさは同性でもイチコロなんだということは伝わりました。笑 あれは惚れる!

井田くんも素敵だけど、橋本さんに協力する青木くんが切なくなるほどいい人で、青木くんの幸せを願わずにはいられません!

なんと言ってもシンデレラ姿が綺麗すぎました。

(30代・女性)

高校生活定番の文化祭エピソードで、胸キュンシーンが続出でした。

青木君も井田君もとにかく思いやりがあって、そんな相手を知って惹かれていくのがわかります。

「好きな人の幸せを願ってもいいだろ。」って言う青木君は本当に性格がいいと思う!

そしてこのセリフ、井田君側にしては絶妙に誤解されて、かつ心を掴まれるセリフだなと思いました。

誤解が本当になりそうで、2人の仲がどうなるのか、展開がますます楽しみです。

(50代・女性)

井田君は青木君のことが好きとしか思えません!

好きじゃなかったら男子女子関係なくお断りしますよね。

それなのに『俺のこと好きなんじゃねーの?』って、天然くんか魔性の男ですよ。

井田君は天然のほうでしょうがそれに振り回されてドキドキしている青木君が本当に可愛いです。

青木君の想いが成就してほしいと思いました。

(40代・女性)

「消えた初恋」あらすじとネタバレを1話から最終回まで|ドラマ情報も ドラマ「消えた初恋」のあらすじとネタバレを1話から最終回までご紹介します。 人気BL漫画の実写ドラマ化を道枝駿佑と目黒蓮の共演で...